やったこと

webサービスを作るときに考えたことを垂れ流します

このブログについて

absgといいます。webサービスのこととかいろいろ書いてます。

最近作ったサイト
全国で発生した事件のデータベース「地域の事件簿」
みんなでなかよく政治の話!「なかよし討議!」
女子のつぶやきまとめ「Twiggy×Twiggy!」
ツイッターバトラーズ!
ニコニコ人気ユーザーランキング


連絡先
何かご相談がある人はご連絡ください。
http://absgexp.net/prof/con.html

    (⌒)
  ∧__∧ (~)
 (。・ω・。)( )
 { ̄ ̄ ̄ ̄}
 {~ ̄お__}  ゴユックリ ドゾー
 {~ ̄茶__}
 {____}

goofysでマウントしたS3ディレクトリでSQliteが使えない件。

goofysでEC2サーバーにS3バケットをマウントして、ディレクトリ下にSQliteのファイルを設置、

そこにデータをいろいろ書き込もうと思ったんだけど「disk I/O error」というPDOのエラーが出て失敗してしまう・・。

「SELECT」とかでデータを見ることはできるんだけど、「UPDATE」とか「INSERT」がエラーとなってしまうみたい。

開発者の人のコメントを見ると、どうもgoofysはSQliteに対応していない様子。
https://github.com/kahing/goofys/issues/340

SQliteはS3でないディレクトリに設置して使うしかなさそうだね・・。

Laravelのバージョンはどのファイルに書いてあるの

Laravelのバージョン情報が書いてあるファイルはこれ!

./vendor/laravel/framework/src/Illuminate/Foundation/Application.php

こんな風にバージョン情報が書いてあるよ!

    /**
     * The Laravel framework version.
     *
     * @var string
     */
    const VERSION = '5.5.40';

「The Laravel framework version」の文字でgrepして見つけてみてね!

以上!

grep結果を対話形式で削除してくれるシェルスクリプト!

grepでヒットしたファイルを対話形式(y/n)で削除するシェルスクリプトだよ!

以下を実行すると「grep -rl "hogege"」でヒットしたファイルを「本当に削除する?」と一個ずつ問い合わせて、順に削除してくれるよ!

grepを実行したいディレクトリで、shコマンドを叩いてみてね!
(いきなり削除するとやばいかもしれないので、ちゃんと動作確認とかしておいてね!)

#!/bin/sh

#grepでファイル名一覧を取得
files=$(grep -rl "hogege")

#y/n を訊いて順番に削除する
for file in $files
do
  echo "このファイルを削除しますか?(y/n)"
  echo $file
  read yes_or_no

  if [ $yes_or_no = "y" ]; then
    rm $file
  fi
  echo ""
done

以上!

【Wordpress】管理画面のタクソノミー一覧で子要素が表示されない!

ワードプレスでタクソノミーの名前を変更したら、管理画面で子要素が表示されなくなってしまった・・。

本当は親要素の下のところに「-」が付いた形で、子要素が階層的に表示されるはずなんだけどね。

これは「wp_options」のテーブルの中の、子要素を管理する情報が更新されていないから。

直し方はかんたんで、「test」みたいな適当なタクソノミーを、管理画面でいったん追加してみるといい。

これでテーブルが更新されて、子要素がちゃんと表示されるようになるから。

【Wordpress】カスタム投稿のタイトルを文字列検索してタームを設定!

ワードプレスのカスタム投稿をタイトルで検索して、まとめてタームを追加するよ!

下記のようなコードを実行すると、タイトルに「横浜」を含むカスタム投稿を抽出して、それらに「東京」というタームをセットするよ!

<?php

//カスタム投稿を条件検索
$args = array(
  'numberposts' => 10000,  //とりあえず1万件抽出
  'post_type' => 'address',   //adressという名前のカスタム投稿タイプを検索
  's' => '横浜'  //タイトルを「横浜」で検索
);
$customPosts = get_posts($args);

foreach($customPosts as $post){
  $post_id = $post->ID;
  $taxonomy = "area";  //追記するタクソノミーの名前は「area」
  $terms = "tokyo";  //追記するターム「東京」のスラッグ名は「tokyo」
  wp_set_object_terms($post_id, $terms, $taxonomy, true);  //タームをセット!
}

?>

以上!

レスポンシブのグーグル広告の高さが設定できない!

グーグルアドセンスの「レスポンシブ」の広告を張り付けるときに、レイアウトの調整ができなくて困った…。

広告領域の高さを最大300pxまでに制限したかったんだけど、この広告を張りつけた親要素には強制的に「height: auto !important;」が付与される様子。
なので、かっこう悪い縦長のバカでかい広告ばかりが表示されてしまう。
(こんなサイズは見っともないので使いたくない…)

広告のサイズを制限したかったら、おとなしくレスポンシブでなくて「固定サイズ」の指定をしなさいということなんだろうか…。