読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やったこと

webサービスを作るときに考えたことを垂れ流します

ユーザの情報を保持するサイト作るのこわい

まだユーザがデータをアップしてくる形のサービスって、
作ったことないんだよな。
アップローダとかSNSとかそんな感じのやつ)

こういうサイト作るのって自分にとってはちょっと勇気がいる。

放ったらかしにしておくとどんどんデータが溜まっていって、
いつのまにか容量パンパンになっちゃったらどうしよう、とか、
データの数が多くなりすぎて、検索スピードが遅くなってきたら
どうやってテコ入れしようとか、いろいろ心配がある。
SQLの使い方も全然慣れてなくて、未知の部分がいっぱいある)

サービスはじめる前に容量拡張の方法とか、処理速度アップの
チューニングの方法とかを、あらかじめ考えておかないといけないな。

でもこういう問題って、基本的にお客さんが殺到してきたときの
嬉しい悲鳴のはずだから、むしろウェルカムなのかもしれないけど。。